数日前ですが、ROのシステムリニューアルと三次職について、現在までに決定している日本向けの仕様変更点がでてたみたいですね。
韓国仕様を見たとき「ASPD下がりまくりで微妙になりそうだ」とか「レベルごとに狩場固定されるの嫌だなぁ」とか「転生職が三次職になるのに99レベルはキツイなぁ・・・」と思ってた人にはちょっと朗報も含まれてたりする・・・かも?

以下に日本仕様の調整状況の一部を転載します。

<現在の日本仕様のプレイアビリティを維持するもの>
●各ステータスの意味、重要性
●ASPD190までの上昇曲線
●物理攻撃に対する武器のAtk値依存度
●モンスターに関する設定
●取得できる経験値、アイテムはレベルに依存しない
●上位2次職までのレベルアップに必要な経験値
●精錬効果を含むDEF

<新規導入を予定しているもの>
●盾を装備することによるASPDの変化

<仕様に関してユーザーアンケートを予定しているもの>
●固定詠唱と無詠唱について


以上が決定していることらしいです。
三次職に関しても転職条件などが変更されるようですね。

事が事だけに100%これで決まり事ではないでしょうし、上記のような仕様でテストを重ねて、問題があればさらにバランス調整ってことになりそうなのでROリニューアルに向けての中間報告的な感覚で見るといいですね。

簡単にですがどんな感じの変更点なのか挙げてみます。
●1:ステータスの重要度
<日本リニューアルを行うための課題>
レベルが上がっても強さの差が感じられない。
ステータスの振り方によるキャラクターの特徴が消えている。

↓日本向け仕様変更点

現在の日本仕様と同様の成長感が得られるように仕様調整をいたします。


まだアバウトな内容ですが、既存ROプレーヤーの今までのステ振りや育成の苦労が無駄にならないことを祈りたいですね。

●2:ASPDの低下
<日本リニューアルを行うための課題>
ASPDが全般的に下方修正されている。
爽快感がなくなった。
盾を装備した際にASPDが低下する新システムの是非。

↓日本向け仕様変更点

現在の日本仕様で各キャラクターが達成しているASPD(190まで)に関しては、下方修正を行わず現在の仕様を維持します。
その上で、ASPD191~193を達成させるための難易度を上げていきます。

盾を装備している時のASPD低下については、低下自体を抑える、あるいは低下する代わりに別の効果が付くものを用意するなどの形で、盾の効果、アイテムのバランスを調整いたします。


AGI職が落胆していた韓国仕様でしたが、日本ではASPD190までは下方修正無しになるようです。
やたーヽ(´ω`)ノ
ただし、その分ASPDを極めるのは難しくなるようです。
詳しい内容はまだですが、盾装備に関しても改善されるっぽいですね。

●3:固定詠唱と無詠唱
<日本リニューアルを行うための課題>
無詠唱がなくなることの是非。
固定詠唱自体のバランス調整が取れていない。

↓日本向け仕様変更点

現在の日本仕様で実現している「無詠唱」という状態について、両社の見解が大きく異なっております。
そのため、後日ユーザーの皆様に、「無詠唱の是非」についてアンケートを実施させていただく予定です。


グラヴィティとガンホーの無詠唱に関する見解をまとめると
グラヴィティ「ペア狩りとかだと無詠唱強過ぎだからゲームバランスを考慮して無詠唱は廃止!」
ガンホー「無詠唱キャラ育成に投資した時間と金が無駄になる人がでるから、『無詠唱』は存在させて、無詠唱達成のハードルを上げる方向で。」


アンケート結果によって変わってくるかもしれないですが、ガンホーの見解が通れば、無詠唱スキーな人にはそのハードルの高さによって厳しくなりそうですが、とりあえず『無詠唱』自体はなくならないようなので、新たな目標が出来たって感じですかね?

●4:物理攻撃に対する武器のAtk値依存度の強化
<日本リニューアルを行うための課題>
ステータスを上げる意味が失われる。
カードを含めたアイテムの価値が変化する。

↓日本向け仕様変更点

「●1」のとおり、ステータスの価値に対し、
現在の日本仕様を考慮した仕様調整を行います。
物理攻撃に関しては、具体的には、物理攻撃時のステータス(Str)の依存度を高める形で修正を行います。


ステータス振りと同様に苦労して手に入れた武器やカードなどが無駄にならないことを祈るのみ(´ω`)

●5:モンスターに関する設定
<日本リニューアルを行うための課題>
各マップでのレベル帯が固定されてしまう。
モンスターの個性がなくなり、単調になった。
ソロで倒せる敵が多く、パーティーを組む意味が見出せない。

↓日本向け仕様変更点

モンスターの経験値、配置等の一部設定は、今後日本で独自に調整することになりました。
また、今後ともモンスターの設定に関しての調整協議を両社にて行っていきます。
したがって、現在の日本仕様のプレイアビリティを考慮した設定を行います。
モンスターへの必要HitやFleeが高く、特に序盤の育成が困難となっていた点についても、仕様調整により日本リニューアルでは緩和されます。


とりあえず当初の仕様よりは緩和されるようで、狩りの自由度が無くなることは無さそうです。
とはいえ独自調整なので大幅に変わることは避けられないのかも・・・。
調整も協議中のようなのでまだ確定でもないみたいですし。

●6:経験値偏差、アイテムドロップ率偏差
<日本リニューアルを行うための課題>
狩場選びに関する自由度がなくなった。
遊び方を強制されている。

↓日本向け仕様変更点

戦闘対象とするモンスターをレベルによって固定化するシステムは、ゲームプレイの自由度に制限をかけてしまう印象が大きいため、日本での導入は行いません


経験値偏差、アイテムドロップ率偏差は導入されないようです。
ヨカッタヨカッタ(´ω`)

●7:レベルアップに必要な経験値
<日本リニューアルを行うための課題>
低レベル時の育成が困難になった。
に高レベル時の達成感も低下した。

↓日本向け仕様変更点

既存の職業については現在の日本仕様を維持します。
3次職転職後の経験値についても日本独自に調整していきます。

既存の職業は今までと同じようなので安心ですね。
その分3次職の育成は大変なのかもしれません。

●8:防具の精錬効果が低下している
<日本リニューアルを行うための課題>
DEF計算式が変更になったため精錬値の効果が薄れた

↓日本向け仕様変更点

現在の日本仕様での防具の使用感、価値などのプレイアビリティを維持した上で、精錬値の上方修正も含めた新たな物理防御力計算式を開発いたします。


DEFの計算方式が変わるみたいですね。
良し悪しは計算式次第なので見守るしかw

システム的な部分に関してはこんなところです。
以下は三次職に関して。

●3次職への転職条件
<韓国リニューアルの状況>
3次職へは、2次職・上位2次職どちらからも、
BaseLv99達成時にクエストを受けることにより転職可能。

↓日本向け仕様変更点

<日本リニューアルでの実装>
3次職へは、上位2次職BaseLv90以上のキャラクターがクエストを受けることにより転職可能といたします
2次職から転職した3次職と、上位2次職から転職した3次職とで、習得スキルに差が出ることにより、パーティ結成時などの募集条件に混乱が発生することを懸念したため、3次職への転職条件を一本化いたしました。
ただし、転生や上位2次職への到達難易度については今後の検討課題として、調整していく予定です。


なんと3次職になれるのは転生2次職の90レベル以上だけになるようです。
転生前2次職で光って3次職になろうとしてた人は予定変更ですね^^;
確かにパーティー募集で面倒になりそうですし、転生2次の後でなれるほうが3次職へなれる達成感は大きいかも。
ただ、転職可能条件の『転生2次職の90レベル』よりは95レベルぐらいにした方が個人的には丁度良いと思いますけどね。
ちなみにウチのアサクロは94なのでこの仕様になればもう3次職になれる~ヽ(´ω`)ノ
でもまぁ・・・やっぱり99で3次職になった方が一番キャラ性能を活かせるのも確かですけどね・・・。
転生や上位2次職になるのが面倒になるっぽいことも書かれているので、ウチの94レベルローグも今のうちに光らせとこ^^;

●公平パーティー経験値取得システム
<韓国リニューアルの状況>
ノービス、スーパーノービス、忍者、ガンスリンガー、テコン系の職業など、3次職になることのできない職業が、3次職との公平パーティーを組めない。

↓日本向け仕様変更点

<日本リニューアルでの実装>
3次職になれない職業に関しては、今後のアップデートで3次職との公平パーティーが組めるよう対応を行います。
また、これらの職業に対する仕様の追加(拡張)も今年度に計画されております。
それまでの対応として、公平パーティーに関する仕様変更を調整中です。


!?Σ( ̄□ ̄;
スパノビにも仕様拡張!?

「今年」じゃなくて「今年度」ってことは、3月末までに何か来るのかぁー!
それとも単に公平PTに関することだけの拡張かな?(・ω・`)(スパノビや拡張職がPTにいれば公平範囲が広がるとか?w)
個人的に一番気になる内容でした。

●3次職のグラフィック
現在、グラヴィティ社でも3次職グラフィックの修正作業が進行中です。
それにあわせ、弊社からも具体的な提案を行っています。

ドット絵の修正されたものをさらに変更なんですかね?
なんにせよ、ROの魅力の一つがドット絵の魅力なので、良くなることを切実に祈りましょう(;´ω`


今回の日本向け仕様変更は、当初のリニューアル仕様に比べ、全体的に改善、もしくは緩和されている感じです。
まだ詳細については決まってないものもありますし、さらに仕様が変更される可能性もあるので、新しい発表を期待して待ちましょ~。

ラグナロクオンラインここから始まる物語 (電撃コミックス EX 137-1)ラグナロクオンラインここから始まる物語 (電撃コミックス EX 137-1)
著者:秋田 米
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2010-02-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る